現代風、音楽の楽しみ方とは

現代風、音楽の楽しみ方とは

波乱を呼びこむSpotify

聴き放題というサービス

今の時代、欧州と米国で盛んに話題を集めており、日本でも洋楽ユーザーにとってまだかまだかと参入を待ち構えている音楽配信サービスがある。それは『Spotify』と呼ばれる洋楽配信を行っている音楽サービスのことだ。このサービス、知る人は知っている超有名なサービスとなっており、日本でも利用しているユーザーは多いという。表面だっての数値は知ることはないが、潜在的に見れば恐らく100万人規模で利用しているとまで言われている。スマホが登場してからは音楽の楽しみ方も色々と増えたため、海外のこうしたサービスを利用して純粋に音楽を楽しもうとしている人も出てきている。

洋楽については入手しづらさも少なからずあるため、新規ユーザーの獲得もあまり期待できない。だからこそSpotifyが登場すればそれだけ市場としても期待できるという見通しを立てている企業も存在している。ですがここまで話した内容では正直、この音楽配信サイトの良さは理解するというのは難しいだろう。推し進めたいと考えている人にとってはそれをするだけの価値があると思ってしているのかもしれませんが、洋楽をあまり聞かない人々にとってはまだ縁遠いサービスであることも認識しておきたいところだ。

ではこのSpotifyの良さとは何処にあるのかというと、それは一定の月額料金を支払えば『聴き放題』だという点が最大のポイントとなっている。聴き放題というフレーズも魅力的ですが、ただ音楽がソフトを介して垂れ流されているだけではなく、ある特徴に応じて音楽が身近なものとして感じられる要因を内包しているのです。

話題の音楽

好みの音楽を選り好みして配信

ここからが凄いところだが、このSpotifyを利用していれば当然好きな楽曲を聞くためにセレクトするだろう。いわゆるプレイリストを制作して自分だけのオリジナル選曲を楽しもうとする方法は、昔から続いている。面倒なことといえば、プレイリストを作るとなったら色々と選曲順を考えていかなくてはならないことだ。それこそ収録したい楽曲全てを聴いてから、どのように配置していけば最高と感じられるか、その判断も個人の裁量によって任される。

あくまで好みの問題なのでどのようにしても構わないが、Spotifyの場合だとそうしたプレイリストを作成すること無く、自分の好みに即しているだろう楽曲も含めて聴き放題が出来るというのです。最初に自分の好きな曲を選択したとしよう、それから先はソフトがアルゴリズムによってセレクトした楽曲をランダムに紹介していくように流れていくのです。それも聞いている本人の好みをまるで事前に全て把握しているかのように、それこそ人によっては読まれていると感じられるくらいにいい感じの楽曲を紹介してくれるという。

音楽好きにはたまらないところだ、このような利用方法があるなら誰でも一度は試してみたいと思えるだろう。またこうしたサービスが受けたからこそ、欧州はもちろん、アメリカでも幅広く受け入れられるようになっていく。

ストリーミング配信

そしてこのSpotifyこそ、先程から話してたストリーミング配信を行っている音楽配信サイトの1つとなっている。今や世界市場として高い登録者数を誇り、楽曲数にしても万人に応じるように様々な楽曲を取り揃えているため、飽きが来ないという。ソフトを利用する際、月額制として料金を毎月支払っていればほぼ無制限で楽しむことが出来るという。無料でも楽しめるが、有料と比べたらいくらか妥協しなければならない負担も存在している。

ですがそれすらも気にならなくなると人によっては評価しているので、それだけ良いと感じている証拠ともなっている。

今何聞いてる?

一生を託す住まいや事業用不動産を取り扱っております。 広島 土地だからこそ信頼で結ばれる生涯のお付き合いをめざし、お客様一人ひとりに最善を尽くして、ご満足いただけることをモットーに、日々精進しております。

ここからが本番

さてここからが一番の本番となっている。Spotifyという音楽聴き放題ソフトが登場したことでそのニーズは高まってきている、ですが日本としても、また世界としてもこのSpotifyにおけるサービスに関して言えば、やはり問題を孕んでいるのです。世界ではあらゆる地域に普及していると行ってもいいSpotifyですが、この台頭を必死で防ごうとしているところがある。言わずとしれた日本だ。その理由についても述べていくが、そもそもこのSpotifyを代表するストリーミング配信によって、業界にどのような影響をもたらすのかについても、見てみよう。